岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科 中村光研究室

研究業績

主な研究業績(~2009年)

著書

  • 中村光:文字訓練.(標準言語聴覚障害学・失語症学:藤田郁代,立石雅子編),医学書院,2009,pp.257-263.
  • 中村光:意味セラピー.(よくわかる失語症セラピーと認知リハビリテーション:鹿島晴雄,大東祥孝,種村純編),永井書店,2008, pp.225-235.
  • 中村光:失語の病変部位とそのリハビリテーション.(高次脳機能障害-その概念と画像診断:武田克彦,波多野和夫編),中外医学社,2006, pp.38-50.
  • 中村光:意味と語彙処理.(言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論:笹沼澄子編), 医学書院,2005, pp.75-94.
  • 中村光:Slowly progressive disorders.(よくわかる失語症と高次脳機能障害:鹿島晴雄,種村純編), 永井書店, 2003, pp.396-404.
  • 中村光:(第3章)検査・評価、(第4章)治療とリハビリテーション.(言語聴覚士のための失語症学:波多野和夫,中村光,道関京子,横張琴子著), 医歯薬出版, 2002,pp.199-233, 235-295.
  • 中村光,濱中淑彦:ブロ-カ失語.(脳科学大事典:甘利俊一,外山敬介編), 朝倉書店, 2000, pp.211-216.
  • 中村光:緩徐進行性失語、その他の言語検査.(失語症臨床ハンドブック:濱中淑彦監,波多野和夫,藤田郁代編), 金剛出版,1999, pp.436-445, 526-531.
  • 中村光,波多野和夫:変性性痴呆と記憶障害.(臨床精神医学講座special issue第2巻:松下正明,浅井昌弘,鹿島晴雄編), 中山書店, 1999, pp.299-315.

原著論文

  • 中村光,福永真哉,鈴木美代子,井川裕通,立木一美,中井亮子:失語症配偶者の精神的健康とその関連要因.言語聴覚研究,4(3), 167-171, 2007.
  • 中村光:失語症者の日常生活におけるコミュニケーション障害.神経心理学, 21(2), 75-83, 2005.
  • 中村光,波多野和夫:呼称障害と意味セラピー-1失語例における訓練効果研究.総合リハビリテーション, 33(12), 1149-1154, 2005.
  • 森加代子,中村光:音韻性失読の1症例-読字過程と障害基盤の検討.高次脳機能研究 23(2), 149-159, 2003.
  • Nakamura,H., Kunori,Y., Mori,K., Nakaaki,S., Yoshida,S., Hamanaka,T.: Two cases of functional focal retrograde amnesia with impairment of object use. Cortex, 38(4), 613-622, 2002.
  • Nakaaki,S., Sato,J., Nakamura,H., Yoshida,S., Furuhashi,K., Furukawa,T.: Exploring the role of the right temporal lobe in person-specific knowledge: A case study of semantic dementia associated with right temporal lobe atrophy. Psychogeriatrics, 2(1), 54-61, 2002.
  • Nakamura,H., Nakanishi,M., Hamanaka,T., Nakaaki,S., Yoshida,S.: Semantic priming in patients with Alzheimer and semantic dementia. Cortex,36(2), 151-162, 2000.
  • 中村光,中西雅夫,濱中淑彦,仲秋秀太郎,吉田伸一:表層失読(surface dyslexia)からみた単語認知.失語症研究,20(2), 136-144, 2000.
  • 森加代子,中村光,濱中淑彦:1失語例に対する50音系列を手がかりとした呼称訓練.失語症研究,20(1), 11-19, 2000.
  • Nakamura,H., Nakanishi,M., Furukawa,T.A., Hamanaka,T., Tokudome,S.: Validity of brief intelligence tests for patients with Alzheimer’s disease. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 54(4), 435-439, 2000.
  • 中村光,中西雅夫,濱中淑彦,仲秋秀太郎,吉田伸一:非Alzheimer型変性痴呆疾患における意味的プライミング.神経心理学,14(2), 111-120, 1998.
  • Hadano,K., Nakamura,H., Hamanaka,T.: Effortful echolalia. Cortex,34(1), 67-82, 1998.
  • Nakamura,H., Nakanishi,M., Hamanaka,T., Nakaaki,S., Furukawa,T., Masui,T.: Dissociations between reading responses and semantic priming effects in a dyslexic patient. Cortex, 33(4), 753-761, 1997.
  • 中村光,濱中淑彦:脳血管性失語およびAlzheimer型痴呆における意味的priming.神経心理学,12(4), 24-31, 1996.
  • 中西雅夫,中村光,濱中淑彦,吉田伸一,仲秋秀太郎,波多野和夫:健忘とawareness.失語症研究,15(2), 164-174, 1995.
  • 中村光,松井明子,中嶋理香,濱中淑彦,増井透:失語患者における語彙構造の変容-動物名9語間における意味的類似性判断の研究-.神経心理学,10(3), 144-152, 1994.
  • 中村光,松井明子,桧木治幸,濱中淑彦,纐纈雅明,波多野和夫:特異な反響言語を呈した失語の1例.失語症研究,14(3), 196-203, 1994.

お知らせ